»はじめにお読みください

 

ウッドデッキ材の品質について

当社は日本最大の木材の集散地新木場(東京)で、70年余り製造問屋を営んでいます。販売は建材問屋、納材業、工務店様を対象にしているため、ホームページ上で販売しているウッドデッキ材も、全て業務用グレードになります。

一般にネット上で販売されているグレードとの違いは、たとえば材の端と端を結んだ直線から中央部分で横そりを測ると、ネット販売の許容範囲は表面材で1%程度が多いようです(「 軽微なものは許容 」といった表現も見受けられますが、これは1%以上を指します)。1%の基準で業務用に出荷すると、ロスが多く、長さのカットや穴開け、ビス止めに施工手間がかかりすぎて苦情が出るので、業務用グレードでは0.5%を許容範囲としています。実は施工上でもっとも問題になるのが横そりです。当社は長さの0.5%を許容範囲としていますが、それでも長さ2mのウッドデッキ材では最大10mmのぶれが出ます。このままでは施工できませんが、2mで10mmのそりのある材を1mにカットすると、そりは2..5mmに減少(理論値)するので、そりの大きい材は現場で根太間隔にカットすることでそりを分散させて、なんとか納めていただいています。

ちなみに横そりの許容範囲を1%にした場合、長さ2mでは最大20mmの横ぶれが出て、これを1000mmにカットしても5mmのそりが生じます。これでは隣の材との隙間がほとんどなくなるか大きく開いて施工できないので、長さをさらに短くカットする必要があります。そりが1%の場合、通直材との誤差が2.5mmになるための材長は約700mm(理論値)です。すなわち横そりを2.5mm以下に納めたいなら、根太間隔は700mm以下にする必要があります。板厚30mmを使用する場合の根太間隔は通常900〜1000mmなので、1%を許容する基準では使えない材が含まれていることを了解し、ロス分を大目にみてておく必要があります。なお、板厚20mmを使用する場合の根太間隔は通常500〜600mmでそりは1.5mmに納まるので、こちらなら1%でも施工可能なことがわかります。もっとも、横そりの少ない方がカットしてのつなぎ直しも少なく、手間がかからないことは言うまでもありません。

実は横そりの検品基準は輸出地でも当社基準とさほど変わりません。ところがウッドデッキ材は出荷後の輸送、在庫期間中に材の乾燥が進んでさらに動くため、ロスが出るのを嫌ったり、商品発送時の検品を省略したい場合は、基準をゆるめて流通させているのが実状です。現地出荷後のハネ出しは輸入側の負担になるため消極的な業者が多いのですが、当社は経験豊富な社員が再度検品を行って品質の維持に努めています。

業務用では、品質が悪いと施工のスピードに重大な支障が出て、かえって施工コストが高くついてしまうため、欠点の混入率が低いものを要求されます。ただし、多少の欠点は現場での切り廻しで対応できるため、若干の混入は認められていて、100%良品の場合に比べると、その分、価格は安くなっています。ウッドデッキ材の施工性という観点から品質と価格がもっとも折り合っているのが、業務用グレードといえます。

輸入木材の場合、個々の欠点は基準内に納まっていても、複数の欠点があって実際には使用できないものも混入しています。これらはメーカーへのクレームの対象にはできないため、そのまま販売されてしまうことが多いようです。当社では施工に影響が出るかどうかを総合的に考慮して、個々の基準よりも厳しく判断しています。基本的には、根太間隔での切り廻しで対応できるものについては出荷しますが、それが難しい場合には販売せずに格外品に落としています。

DIYユーザー向けに販売されているウッドデッキ材は業務用グレードに通らないランク落ちの材や、それに業務用グレードを混ぜたものがあるようですが、DIYユーザーが施工する場合も欠点の少ない方が楽なのは当然なので、当社はランクを落とすことなく、100%業務用グレードの製品を販売しています。

業務用グレードとそれ以下のグレードとの区別は表現が難しいのですが、横ぞりの許容範囲で見ると比較的簡単にわかります。当社は最低価格保証や送料サービス等はありませんが、施工する皆様のご要望にお応えするべく、掛け値のない正直品質、正直価格でウッドデッキ材を提供しています。

さらに、当社は内装材を多く扱っていることもあり、ウッドデッキ材にも内装材とまったく変わらない商品管理を行っています。到着後の商品はすべてシャッター付きの倉庫に保管して雨には絶対に当てず、フォークリフトでの商品移動でも傷を付けないように細心の注意を払っています。ブルーシートで覆って更地に保管するような環境ではどうしても汚れや傷が付きやすく、発送時の検品でも大目に見てしまいがちですが、当社では輸入品という事情もあって到着前の多少の汚れや破損は避けられないものの、入荷後の汚れ、傷は皆無と自負しています。

プロ仕様の良質のウッドデッキ材をぜひご利用ください。

当社出荷時の品質基準は下記になりますのでご覧ください。
万一、不具合がありましたら、到着1週間以内にお知らせください。

ひび・割れ
  木口(木の断面)割れの場合は、全長の10%程度は許容範囲。ただし30cmを最大とします。細かいひびは部材面に広がっていても耐久性に問題はありません。材の表面上の割れ(木口以外)に関しては、芯に達する割れは長さに対し5%以内、それより浅い割れは、10%以内とします。
そり・曲がり
  表面材:横のそりは端と端を直線で結び、中央のふくらみを材長の0.5%以内とします。縦のそりは中央のふくらみを7cm以内とします。
表面材以外:端と端を直線で結び、その中央のふくらみを材長の1%以内とします。

サイズの誤差
  ウッドデッキ用の木材の含水率は通常25%〜35%程度のため、輸送中を含め、納品前、納品後に幅に対して0〜5%ほどの収縮が発生する材があります。 ロットによって巾が異なる場合もありますので、長さを繋ぐ際には巾の近い材を選ぶなどして施工を行ってください。木口は水分の放散が大きく、ひびの入っている場合が多いので、余裕があれば数cmカットすることをお勧めします。
サイズの誤差 長さ:-1.0%〜+5.0%およびそれ以上(ジャストカットではありません)。 幅:+1%〜-5%以内。 厚み:±5%以内。

丸み・欠け・キズ
  長手方向の丸み・欠け等は、長さの15%以内とします。また、引っ掻きキズ、フォークリフトキズ等は軽微なものは許容とします。
面材の表面
  水濡れ跡、バンドル跡、桟木の跡、ほこり、汚れ、オイルのシミ跡、ロウのコーティング等は許容とします。逆目(材の毛羽立ち、荒れ)やプレーナーの削り残しは表面積の10%以内とします。
表面の汚れは日光や雨に当たってしばらくすると周囲に馴染んで目立たなくなりますが、美観を重視する場合には、水洗いした後に木材の色に近い半透明の着色塗装をお勧めします。(オスモカラー ウッドステインプロテクター等)

ピンホール(虫食い)、節
  立木のときに入り込んだ小さな虫による穴で、セランガン・バツーや時にイペ、ウリンにも見られます。伐採後にはいなくなってしまい、ピンホールが木の耐久性や強度に影響が出ることはありません。
節付き材の表記がない樹種でも、まれに小さい節が入る場合があります。

カビ、変色
  カビ、変色は季節により発生することがありますが、表面に付着した埃に生じているだけで耐久性には問題なく、雨等の水がかかると脱落して、しだいに目立たなくなります。美観を重視する場合には、水洗いした後に木材の色に近い半透明の着色塗装をお勧めします。(オスモカラー ウッドステインプロテクター等)

 

メンテナンス(塗装について)

当社のウッドデッキ用木材は極めて耐久性が高いので、基本的にはメンテナンスしなくても問題ありません。住宅の3年、5年はあっという間に経ってしまうものですが、15年経ってもびくともしないウッドデッキを見るとき、良質材にしたことの充実感とトータルコストの安さにきっと満足されることでしょう。

ただ、木材を外部に放置すると数ヶ月の間に表面にひびが入ります。これは外気に触れる部分と内部の収縮のスピードが異なるために発生するものです。
ひび割れを出にくくするためには、塗装して表面に塗膜を作ると水分の急激な発散、吸収が抑えられて効果的です。表面だけでなく、裏面や木口など、全面に塗布するといっそう動きが少なくなります。

また、ウッドデッキの色は最初は木材本来の色ですが、太陽の紫外線と雨風にさらされると表面の樹脂分や色素が抜けてしだいに銀灰色〜茶灰色になります。

完成直後の美観を重視する場合、輸入材特有の汚れや色むらが気になることがあります。 材の色もデザイン面で考えると重要な要素なので、美しく仕上げたり、材色を維持したい場合には塗装して色を補うと同時に、紫外線による劣化を防いで表面の色素や樹脂が抜けるのを抑えます。

木材には微小な凹凸があり、くぼみに汚れが入り込むとなかなか取れません。その意味では、塗装しておくと汚れが付きにくくなるので初回だけ塗装しておくのもお勧めです。

このたび、クリアー仕上げができる水性撥水塗料「ハッスル・撥水君」が発売されました。
「ハッスル・撥水君」は表面に塗膜を作ることで水分の急激な発散、吸収を抑えて、ひび割れを出にくくします。この塗料はオイル系塗料の塗膜よりも厚いため、水分の発散を効果的に抑え、他方、柔軟性があり木部に浸透するため、ウレタン塗料やニスのようなめくれ、はがれが生じません。表面だけでなく、裏面や木口など、全面に塗布するといっそう効果的です。

また、ウリンなどの濃色の色素は水溶性の成分が多いため色の付いた樹液が出て、雨だれの流れる部分や地面に黒く染み込みますが、「ハッスル・撥水君」を裏面や木口にも塗っておくと、木部に水が触れないため、周囲を汚す心配も少なくなります。

ハッスル撥水君をお勧めするもう一つの理由は塗料が劣化する際に美観を損ねない点です。長期短期の差こそあれ、塗料は必ず劣化して材面から脱落していきますが、アクリル樹脂系(キシラデコール等)のように表面に厚めの膜を作るタイプの塗料は、劣化する際にぽろぽろと落ちて塗膜の残っている部分とはっきりコントラストが出るのでかなり見苦しい状態になります。別の塗料では導管部分が劣化して白くなり、それが次第に拡がることもあります。ハッスル・撥水君は木材との密着性に較べて塗膜の結合力がさほど強くないので少しずつ削り取られて薄くなるため、徐々に白木に近い状態になります。次第に無塗装に戻るような劣化です。人の移動する動線が決まっている場合でも、よく歩いた部分と歩かない部分、そして中間がそれなりに劣化するので、どの状態でも人工的な見苦しさを感じさせません。初回だけ塗装しておいてひびを少なくするという役割を終えたら、自然に脱落して材が銀白化していきます。

自然志向で、安全性を重視する方には植物油を主成分とした健康塗料「オスモカラー ウッドステインプロテクター」をお勧めします。なじみがよく、浸透性も良好です。溶剤にトルエン、キシレンを含んでいないため、匂いも穏やかで、人体にも自然にも安全な塗料です。防腐防かび剤を配合しているにもかかわらず毒性がきわめて低いのが特徴で、ウッドデッキ材の質感を損なうことなく、色むらをカバーして美しく仕上げます。施工後の仕上がりを重視する方に特にお勧めします。 通常は1〜3年に1回の再塗装ですが、硬い材の場合は1年〜1年半に1回塗ってください。吸い込みが少ない分、塗料の消費量はかなり少ないので、コスト的にはさほどかかりません。初回だけの塗装もOKで、木材の微小な隙間に塗料が入り込むことで、その後もよごれが付きづらくなります。こちらも劣化するに従って徐々に白木に近い状態になるので見苦しさはありません。色は維持したいがメンテナンスを続けられるか自信が今ひとつということなら、ウッドステインプロテクターが好適です。

また、アフゼリア、セランガン・バツー、サーモパインにはクリアー(透明)仕上げが可能な「オスモカラー 外装用クリアー”プラス”」もお勧めです。こちらは外部にもかかわらずクリアー(透明)仕上が可能な画期的な塗料です。従来の外部用塗料は擦れに弱いため壁面等にしか使用できないものと、擦れに強くても紫外線を遮断するために顔料を配合して木材を着色するタイプのみでしたが、外装用クリアー”プラス”は透明なクリスタルを配合することで、紫外線を吸収、乱反射して木部を紫外線によるダメージから守ります。防腐防かび剤を配合しているので、サーモパインに塗布するとウッドデッキとしての寿命も確実に延びます。通常は1〜2年に1回、再塗装してください。木地を生かした仕上がりになり、材の白銀化を防ぐので、長い間施工直後の雰囲気を保ちます。ただし劣化の際には部分的に塗膜がはがれてくるので、継続的なメンテナンスが必要です。

もっともお勧めしたい塗装方法は、施工前に「ハッスル・撥水君」を全面に塗布して、施工中に木口(断面)にも塗っていきます。そして2〜3ヶ月後にオスモカラー(半透明)を上塗りする工程です。
ひび割れは施工直後がもっとも進行が早いので、「ハッスル・撥水君」でこれを抑え、次にオスモカラーで施工当初の材色を維持します。オスモカラーをそのまま上塗りできるのも「ハッスル・撥水君」の特長です。


輸送について

高耐久のウッドデッキ材は硬くて緻密なため重量もあり、運送料が材価の10〜20%以上になります。また、運送会社によっては送料が2倍近く開くことがあり、注意が必要です。

当社は商品価格のみならず、送料においてもお客様のご負担をできるだけ軽くするよう努力しています。S急便、F通運といったメジャーな運送会社よりも、地域に根ざした中規模の運送会社に地域別に依頼した方が料金が安いため、当社は運送会社の地方ターミナルの住所まで把握した上で、お届け先にもっとも安く運べるルートを選択しています。沖縄への船便も、海運会社の埠頭置き場まで持ち込むなどして送料の低減に努めています。お見積もりの際には送料も併せてご連絡していますが、ご予算の配分には送料にも注意してご検討ください。「送料全国均一」や、「送料サービス」の販売業者さんもいらっしゃいますが、発送地が東京1カ所の当社が均一料金を採用すると、結果的には遠距離のお客様の送料を近距離のお客様が負担することになると考え、あえて実費でのお見積もりを行っています。どこにお届けするにしても、確実で、しかも低価格の配送を心がけています。

なお配送先周辺の道路が狭い場合には、3mを超える木材の採用は慎重にご検討ください。
ルート配送便では3mを超えると4t車でのお届けになります。4t車での荷下ろしは道路幅が十分にないと他の車の通行に支障が出るため、その際はドライバーの判断によりトラックが安全に駐車、荷渡し、転回できる広い場所でのお渡しになります。敷地前までトラックが入れず、広い場所でのお渡しも難しい場合は運送会社の配達ターミナルでのお渡し、または別途にチャーター料金をお支払いいただいての小型車 (2t車または軽トラック)での配送になることをご了承ください。
首都圏近郊であれば、当社から半チャーター便を使用して4m材を2tショート車でお届けすることが可能です。送料も重量、お届け先によってはルート配送便とさほど変わらない場合がありますので、ご希望の際はご相談ください。

ルート配送便の荷渡しは運送約款上では車上渡しになります。これはドライバーが荷台からお客様に貨物をお渡しすることで、お客様に荷下ろしをお願いすることになります。実際にはドライバーが荷下ろしをしてくれることが多いのですが、総重量300kg以上にもなりますと荷台からいったん下ろして敷地内に運び込むのはかなりの負担になるため、お客様にもお手伝いをお願い申し上げます。

梱包済みのウッドデッキ材
出荷前のウッドデッキ材

また、当社は梱包にも気を配っています。
チャーター便の場合は一度積んでしまえば現場まで同じトラックで運ばれるので安心ですが、通常のルート配送便は出発地のターミナルと到着地のターミナルでの積み替えの他に、大都市での中継や他社中継などが入ることもあって何度も積み替えが行われるため、トラブルの可能性はチャーター便よりもかなり高くなります。パレットに載せたまま移動できればよいのですが、ほとんどの場合トラックの後部から縦に積み込むために、積み替えの都度、1束ごとに注意が必要になります。ウッドデッキ材は梱包無しで配送される場合が多いようですが、見た目以上に重いので擦れや台車、フォークリフトによる引っかけ、突き傷などが生じやすく、擦り傷やへこみ、欠けが問題になります。

当社はルート配送便を使ってお届けする際には、切り口以外は必ず段ボールで梱包して発送しています。これは木材を軽微な傷から保護するためですが、段ボールの破損状況によって運送途中で生じた傷がどうかがはっきりわかり、運送中に生じた傷が運送会社の責任となるため、運送会社の荷扱いが歴然とていねいになるという効果もあります。逆に当社としても、発送前に傷の付いているB品を運送中の傷と言い訳して販売することもできませんので、出荷前の検品も慎重に行っております。 コストと人手はかかりますが、不要な損傷を避けるためにも、また、責任の所在を明確にするためにも、梱包は当然行うべきことと考えています。大切な木材をきちんとお届けするために、当社は手間を惜しみません。

ウッドデッキ材の送料の一例 (宛先が会社様名の場合)

重量区分は200kgまでは20kg毎、200kg以上は50kg毎になります。
3mを超えると送料が割り増しになる場合があります。
主要都市でも他社中継の地域は送料が変わるので、必ずお問い合せください。
送料は重量が増えるに従って割安になるので、まとめて注文されると経済的です。
なおサーモパインは軽いため、送料は体積に基づいた別計算になります。

\    地

  \域 

重量 \

東京23区
千 葉
横 浜
さいたま
宇都宮
前 橋
水 戸
長 野
静 岡
仙 台
山 形
名古屋
新 潟
富 山
金 沢
福 井
盛 岡
秋 田
大 阪
和歌山
岡 山
高 松
300kg 7100 8600 9800 11600 12900 12900 14500
600kg 11800 14400 16600 19900 22100 23600 26700

\    地

  \域 

重量 \

徳 島
鳥 取
広 島
松 江
松 山
高 知
札 幌
福 岡
大 分
佐 賀
長 崎
熊 本
宮 崎
鹿児島
那 覇
(船便)
300kg 15000 17600 20800 21900 25100 24000
600kg 27700 32900 39000 41000 47400  35000

 

お客様からの最初のご注文は仮注文として受付させていただいております。
折返し、当社から在庫の確認ならびに送料を含んだ金額をお知らせするメールをお客様にお送りしますので、それをご確認いただいた上で、ご入金、もしくはご承認の連絡を当社にお送りいただいて、初めて正式なご注文となります。 注文者情報のご入力、送信は仮注文として扱っておりますので、クレジットカード情報が含まれていても、お客様からのご承認メールをいただくまでは、決済されることはありません。
まずは在庫の有無、送料を気軽にお問い合わせください。


見積もりフォームへ

業種
お名前
郵便番号
住所(都県名から)
電話番号
メールアドレス
(必ずご記入ください)
半角で、@以下もお忘れなく
ご質問、ご要望など
caution! アドレスをよくご確認ください。間違って記入されますと返信できなくなります。
カットサンプルの送料は3種類までは当社で負担いたしますが、チークが含まれる場合は1種類でも送料は着払いになりますので、あらかじめご了承ください。
                 

 


 


健康塗料オスモカラー フローリング 木と暮らす 日本ウッドデッキビルダー会 yahoo ご利用可能カード会社 木材関連リンク集